“ブンデス史上最高額”も全然高くない! バイエルン新加入MFにアンチェロッティ「今夏最高のMF」

X・アロンソの後継者と確信

X・アロンソの後継者と確信

リヨンから獲得したトリッソ photo/Getty Images

今夏リヨンからバイエルンに移籍したフランス代表MFコランタン・トリッソには、ブンデスリーガ史上最高額となる4750万ユーロもの移籍金が支払われたと言われている。トリッソはリーグ・アンの舞台で結果を出してきたものの、少々高い買い物のようにも思える。

しかし、バイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティは今夏の市場においてトリッソが最高クラスのMFだったと信じているようだ。仏『L'Equipe』などによると、アンチェロッティはトリッソが2016-17シーズン限りで引退したシャビ・アロンソの代役になることができるだけのポテンシャルを持った選手と語り、攻守両面において非常に高い評価を下している。

「トリッソは本当に良いMFだ。彼は今夏の市場において最高のMFの1人だよ。完成されたMFだし、パス、推進力、守備時のポジショニングもいい。それにまだまだ成長できると思う。彼は若いけどリヨンで上手くやってきたし、我々の中盤を完成させられるはずだ。トリッソはアロンソのような選手の代わりとしても良い能力を持った選手だね」

バイエルンは来季から引退したフィリップ・ラーム、シャビ・アロンソの穴を埋めていく必要があり、技術面だけでなく精神的な部分でも彼らの同時引退は苦しい。トリッソには中盤の底からゲームをコントロールしていたアロンソの代わりを務めることが求められているが、史上最高額にふさわしい活躍を見せられるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ