[移籍]野獣ゴミスがガラタサライへ 酒井マルセイユはチームの点取り屋を失うことに

`16-`17シーズンは21ゴールを記録

`16-`17シーズンは21ゴールを記録

ガラタサライへの移籍が決まったゴミス photo/Getty Images

ガラタサライは28日、スウォンジーからFWバフェティンビ・ゴミスを獲得したことを発表した。

フランス代表として12キャップを誇る31歳のゴミスは、スウォンジー時代の2シーズンでは17ゴールを記録している。また同選手は`16-`17シーズンに酒井宏樹が所属するフランスのマルセイユにローン移籍しており、33試合で21ゴールを挙げる活躍をした。

詳細な契約内容については発表されていないが、英『sky SPORTS』によると年俸250万ポンド(約3.5億円)を受け取ると見られている。またゴミスはクラブ公式サイトにて「トルコにはたくさんの友達がいる。それにディディエ・ドログバと(オーレリアン・)シェジュが、ガラタサライはトルコの中で最高チームだと教えてくれたんだ」と友人の後押しがあったこと明かした。

母国フランスに戻りさらに才能を開花させたゴミスは、これからトルコでの新たな挑戦が始まる。`16-`17シーズンのリーグ戦を4位で終えたガラタサライを、トルコの頂点へ導くことができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ