ビダルをトップレベルに育てたのはあの“伝説のレジスタ“!? 「彼がフットボールを教えた」

今では何でもできるセントラルMFに

今では何でもできるセントラルMFに

チリ代表のビダル photo/Getty Images

今やチリ代表を支える存在となったバイエルン所属のMFアルトゥーロ・ビダルにサッカーを教えてくれた存在がいる。そう語るのは、かつてチリのコロコロで若きビダルを指導したこともある元チリ代表監督クラウディオ・ボルギだ。

ビダルはレヴァークーゼンで着実にステップアップし、ユヴェントスではワールドクラスのセントラルMFとの評価を受けるようになった。ボルギはビダルがそこまで成長できたのは、ユヴェントスでビダルやポール・ポグバらと中盤を務めたレジェンドのアンドレア・ピルロのおかげと考えているようだ。

チリの『La Tercera』によると、ボルギは「ビダルはより成熟し、豊富な経験もある。個人的な意見では、彼はイタリアで大きく変化した。ユヴェントスでピルロの隣でプレイしていたからだ。私はピルロがビダルに指示を出し、フットボールとはどのようにプレイすればいいかを教えていたんだと思う」と語っている。

ピルロとビダルではタイプが全く異なるが、世界を代表するレジスタから学んだことは多かったはずだ。ビダルに限らず、若かったポグバも同じだ。ビダルは持ち前のハードな守備から攻撃の組み立て、フィニッシュと幅広い役割をこなせるMFに成長したが、それもピルロのおかげなのかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ