ドンナルンマとレアルが個人間合意へ ライオラ氏はイブラヒモビッチも白い巨人へ逆オファーか

ベテランFWとの契約を斡旋か

ベテランFWとの契約を斡旋か

去就が注目されるドンナルンマ photo/Getty Images

まさしく敏腕エージェントと呼ぶべき存在だ。ジャンルイジ・ドンナルンマやズラタン・イブラヒモビッチらを顧客に持つミーノ・ライオラ氏が、大きなプロジェクト案をレアル・マドリード側に提示している。

ミランとの関係が悪化し、現在はレアルへの移籍が有力視されるドンナルンマだが、白いシャツを纏うのは彼だけではないかもしれない。『MARCA』によれば、ドンナルンマとレアルは個人条件で既に合意しており、クラブ間でも移籍金3500万ユーロで決着する見通しとなっている。だが、そこへ新たなアイディアを盛り込もうと画策しているのがライオラ氏だ。

『DEFENSA CENTRAL.COM』などの複数メディアは、ライオラ氏がドンナルンマの交渉にイブラヒモビッチを含めたと報道。スウェーデン人FWも自身の年俸をカットし、再びトップレベルの環境でそのクオリティーを証明したいと意気込んでいるようだ。現時点でレアル側はイブラ獲得の可能性を完全に閉ざしてはおらず、カリム・ベンゼマやガレス・ベイル、そしてクリスティアーノ・ロナウドといったスターらの競演も夢物語ではないかもしれない。

これまで多くのビッグディールを創出し、市場を賑わせてきたライオラ氏だけに、今回の交渉の行く末には多くの注目が寄せられることになりそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ