[移籍]リヴァプール、“快速FW”の獲得を正式発表 2度目のプレミア挑戦は成功させられるか!?

チェルシーでは思うような結果を残すことができなかったが……

チェルシーでは思うような結果を残すことができなかったが……

ついに移籍が正式発表されたサラー photo/Getty Images

リヴァプールは22日、ローマからエジプト代表FWモハメド・サラーを獲得したことを発表した。契約期間は2017年7月1日から5年で、背番号は「11」とのこと。なお、これまで11番を背負っていたFWロベルト・フィルミーノは、来季から背番号「9」となる。

現在25歳のサラーは2012年に母国を離れ、自身初の欧州挑戦でバーゼルへ加入。加入初年度からチームの主力として活躍し、2014年冬にチェルシーへ移籍した。同クラブ初のエジプト人選手として注目を集めたが、思うような出場機会を得られず、フィオレンティーナを経て2015年夏にローマへレンタル移籍。同クラブで結果を残すと、翌2016年に完全移籍していた。2016-17シーズンも公式戦41試合に出場しており、19ゴール15アシストを記録している。

そんなサラーはクラブの公式サイトを通じて「非常に興奮しているし、満足しているよ。リヴァプールに加入できてとても嬉しいね。クラブとともに何かを勝ち取りたい。このクラブがビッグクラブであることを、誰もが知っているからね。ファンのためにも勝利する必要がある」と喜びや意気込みを語った。

はたして、サラーは自身2度目のプレミアリーグで結果を残すとができるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ