“18分出場”のUCL決勝がラストゲームに? ユーヴェが放出を容認か

既に指揮官の構想外か

既に指揮官の構想外か

不本意な形でクラブを去ることになるのか photo/Getty Images

今季のセリエAで見事優勝を成し遂げたユヴェントス。3日に行われたUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦でレアル・マドリードに敗れたものの、コッパ・イタリアを含めて国内二冠を達成するなど、まずまずの成果を収めた。

来季にむけて戦力補強に邁進する同クラブだが、MFフアン・クアドラード(コロンビア代表)の放出や移籍を容認したと、英『THE Sun』が伝えている。同紙によると、今夏のドウグラス・コスタ(現バイエルン・ミュンヘン)やフェデリコ・ベルナルデスキ(現フィオレンティーナ)の獲得が近づいたことを受け、マッシミリアーノ・アッレグリ監督がクアドラードの放出を許可。2650万ポンド(約37億円)程度の入札額で交渉に応じる構えを見せていることが、併せて報じられた。

前述のレアル・マドリード戦では66分に途中出場しながら84分に退場処分を受けるなど、不本意なパフォーマンスに終始したクアドラード。この退場処分がアッレグリ監督やクラブ首脳にどのような印象を与えたのかは定かではないが、思わぬ形やタイミングで同クラブを去ることになるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ