ロッベンはラストシーズンとなってしまうのか「引退後が楽しみになってきたんだ」

2018年でバイエルンとの契約が切れる

2018年でバイエルンとの契約が切れる

引退を示唆したロッベン photo/Getty Images

オランダ代表でバイエルン・ミュンヘンに所属するアリエン・ロッベンは、引退についてすでに考えているようだ。

ロッベンはバイエルンとの契約が来年の2018年に切れるが、同クラブと契約延長は行なっておらず移籍の噂もない。現在33歳だがその能力は衰えを知らず、卓越した選手であることに変わりはない。しかし本人は引退が近づいてきていることを感じているようだ。同選手は独『Kicker』に語っている。

「引退が近づいてきている。これは本当のことだ。だんだん引退後のことが楽しみになってきているんだ。でも今はとてもリラックスしているよ。2018年のことは特に考え過ぎていないし、今やるべきことに集中している。確実なのは引退後はオランダに帰ることだよ」

W杯予選も同時に戦っているロッベンは、もしかすると2018年ロシアW杯後の引退もあり得るかもしれない。まずはW杯出場権を獲得してからになるが、果たしてロッベンのラストシーズンとなってしまうのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ