[移籍]守備を重要視するモウリーニョ、マンU移籍第1号はやはりCB 

足元もある22歳リンデロフ

足元もある22歳リンデロフ

マンU移籍第1号のリンデロフ photo/Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドは14日にクラブ公式サイトにて、ベンフィカからDFヴィクトル・リンデロフを獲得したことを正式発表している。

契約年数は4年で1年の延長オプションが加えられている。また移籍金は英『Daily Mail』にとると3070万ポンド(約43億円)と見られており、今夏1人目の補強となった。22歳のリンデロフはクラブ公式サイトで、早速来シーズンの抱負を語っている。

「マンチェスター・ユナイテッドに入団することにワクワクしている。ベンフィカでも素晴らしいときを過ごし、多くのことを学んだよ。しかしオールド・トラッフォードで、ジョゼ・モウリーニョ監督の下、プレミアリーグでプレイすることをとても楽しみにしている。早くチームに合流して、今後さらに多くのトロフィーを勝ち取るための助けになりたい。僕はかなり落ち着いている方だと思う。ボールを自分の足元に置くプレイが好きだし、ボール使いについては悪くない方だと思う。それから試合の流れを読むのも得意で、自分より前でプレイしている選手たちには『コイツが後ろにいてくれるから大丈夫だ』という安心感を与えることができていると思うよ」

ユナイテッド移籍を勝ち取ったスウェーデン人のリンデロフは、まずはチーム内でのポジション争いに加わりたい。モウリーニョ監督はやはり守備からチームを作り上げていくようだ。同選手のユナイテッドでの戦いがこれから始まる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ