今度は指揮官としてスクデットを! ローマ、OBのディ・フランチェスコ監督に来季を託す

中田英寿氏ともプレイしたディ・フランチェスコ監督

中田英寿氏ともプレイしたディ・フランチェスコ監督

ローマへの復帰がまもなく正式発表されるであろうディ・フランチェスコ監督 photo/Getty Images

ローマは13日、新指揮官にエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督が就任したことを発表した。なお、契約期間は2019年までの2年間ととなっている。

現在47歳のディ・フランチェスコ監督は現役時代、ローマで1997-98シーズンから4年間プレイ。元日本代表の中田英寿氏ともプレイし、2000-01シーズンにはスクデット獲得を経験している。そして引退後は、ペスカーラやレッチェなどの指揮官を務め、今季まで率いていたサッスオーロではクラブ史上初のセリエA昇格やヨーロッパリーグ出場へ導いていた。

そんなディ・フランチェスコ監督はクラブの公式サイトを通じて「多くのことを成し遂げてきたチームの指揮を執るために、ローマに戻って来れたことは幸せだ。このチャンスをくれたパロッタ会長やマネージャーには感謝しているよ。このチームに値する結果を得られるように、最善の努力をするつもりさ」と喜びを語っている。

現役時代にローマ最後のセリエA優勝を味わっているディ・フランチェスコ監督は、指揮官としても古巣に再び栄光をもたらすことができるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ