古巣からの強奪を諦めないコンテ 73億円でブラジル代表SBに再アタック

ユヴェントスの回答は......

ユヴェントスの回答は......

左サイドのスペシャリストとして君臨するA・サンドロ photo/Getty Images

今季のプレミアリーグで見事優勝を成し遂げたチェルシー。2015-2016シーズン以来となるUEFAチャンピオンズリーグ出場を決めたこともあり、来季にむけた大型補強も噂されている同クラブだが、新たな話題が浮上した。

同クラブが現ユヴェントス所属DFアレックス・サンドロ(ブラジル代表)の獲得に本腰を入れたと、英『Daily Mail』が伝えている。来季以降の3バックと4バックの併用を画策し、両システムに対応可能な同選手の獲得をかねてより熱望していたアントニオ・コンテ監督。一時は3500万ポンド(約50億円)の入札を検討していた同クラブだが、額面を5000万ポンド(約73億円)に引き上げて再度オファーを提示。しかし、ユヴェントス側がこのオファーに難色を示したほか、同選手を放出しない意向を固めたことが併せて報じられた。

来季の国内や欧州のコンペティションを戦い抜くにあたり、ウイングバックの選手層拡充が急務となっているチェルシー。同選手の獲得は失敗に終わりそうだが、首尾よく補強を進めることができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ