何が気に入らなかったのか? セルビアサポーターがフラッグ奪取&発煙筒投げ込みと大暴れ 

またも脅かされたスタジアムの安全

またも脅かされたスタジアムの安全

試合に水を差してしまったセルビアサポーター photo/Getty Images

11日にロシアワールドカップの欧州予選が行われ、グループDのセルビア代表がウェールズ代表に1-1で引き分けた。(以下、代表略)

同試合中に両チームのサポーターによる乱闘が発生。35分にウェールズのMFアーロン・ラムジーがチップキックによるPK(通称パネンカ)を決めたものの、このキックを相手チームに対する挑発とみなしたのか、セルビアのサポーターが大激怒。両チームのサポーター席を隔てるフェンスの隙間からセルビアのサポーターがパンチを繰り出したほか、ウェールズのチームフラッグを奪い取るという暴挙に出たことが英『THE Sun』で伝えられている。また、75分にセルビアのFWアレクサンダル・ミトロヴィッチが同点ゴールを挙げた際、セルビアのサポーターが発煙筒を投げ込んだことも併せて報じられた。

地元警察も出動する事態となった今回の事件。英『THE Sun』ではラムジーのパネンカキックが騒動の発端となったと伝えられているが、あくまで相手GKとの駆け引きの結果行った行為であり、ラムジー本人に相手を挑発する意図はなかったようにも見受けられる。今一度騒動の真相を究明したうえで、しかるべき対処がとられることを願うばかりだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ