若手有望株が豊富でインテルの未来は明るい? ユースチームが5年ぶりのイタリアチャンピオンに

「ハードワークが結果につながることをよく理解していた」

「ハードワークが結果につながることをよく理解していた」

優勝トロフィーを掲げるインテル・プリマヴェーラのメンバー photo/Getty Images

イタリアのプロサッカーリーグに所属するクラブ(主にセリエA、セリエBのクラブ)のユースチームによる大会、カンピオナート・プリマヴェーラの決勝が11日に行われた。

試合は、すでにトップチームデビューを果たしているFWアンドレア・ピナモンティらのゴールで、スコアを2-1としたインテルがフィオレンティーナを撃破。2011-12シーズン以来、5年ぶり8度目のイタリアチャンピオンに輝いている。

試合後、暫定指揮官としてインテルのトップチームの指揮も執ったプリマヴェーラのステファノ・ヴェッキ監督がインタビューに応じ、次のように語った。クラブの公式サイトなどが伝えている。

「我々は常に自分自身のベストを追い求め続けた。そして、若い選手たちはハードワークが結果につながることをよく理解していたと思うよ。この勝利は我々にとって、とても重要で有益なものになった。本当に素晴らしいシーズンになったよ。このタイトルは、我々が進化を遂げるために必要不可欠なものだからね」

今季苦戦を強いられたトップチームとは対照的に、有終の美を飾ったインテルのプリマヴェーラ。今季トップチームデビューを飾った18歳のピナモンティを筆頭に、若手選手をうまく押し上げ、彼らがより多くの経験を積むことができれば、インテルには明るい未来が待っているかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ