伊サッカー連盟会長、来季セリエAでのビデオ判定導入を明言 

どれほど効果を発揮するか

どれほど効果を発揮するか

今季定年を迎えたニコラ・リッツォーリ氏 photo/Getty Images

イタリアサッカー連盟で会長を務めるカルロ・タベッキオ氏は、来季のセリエAでビデオアシスタントレフェリー制度(VAR)を導入すると発表した。

昨年末に行われたFIFAクラブワールドカップや今年の5月より開催されたU-20ワールドカップで導入されたことで知られる同制度。タベッキオ氏は記者会見の場で、来季開幕からの同制度導入は既定路線であることを強調した。伊『calciomercato.com』が伝えている。

「ひとつの会場につき8台のカメラが必要になるので、関連企業からの協力も得ていく。我々の考えはまとまっており、来シーズンの開幕よりVARを採用する」

ひとつの誤審や不可解なジャッジが批判の対象となり、メディアによって陰謀説が囁かれることも少なくないセリエA。極限の状況下で試合を裁く審判団にとって、同制度の導入はこの上ない朗報かもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ