ベルギー首位堅守もエースは厳しめの評価「ゲームを殺さなければならなかった」

2位に勝ち点4差

2位に勝ち点4差

ベルギー代表のデ・ブライネ photo/Getty Images

9日、ロシアワールドカップ欧州予選第6節の試合が行なわれた。グループH首位のベルギー代表はエストニア代表のホームに乗り込み、0-2で勝利し首位をキープしている。

前半のうちに数的優位となったベルギーは、試合を支配し問題なく勝利をものにしている。しかし試合後ベルギーのケビン・デ・ブライネは、早く試合を決めるべきだったと厳しめに語った。同選手のコメントをエストニア『Delfi Sport』が伝えている。

「もし相手チームに退場者がでたら、我々はゲームを殺しボールをキープし続けなければならなかった。そしてたくさん走らなければならない。しかし最終的に2点目を奪うことができたよ。たくさんのチャンスを作ったが、相手GKが素晴らしい活躍をしていた。それが、ゴールを奪うのを難しくさせたね」

グループ2位のギリシャに勝ち点4差をつけたベルギーだが、このあとは共にアウェイでギリシャ戦と、同3位のボスニア・ヘルツェゴビナ戦が待っている。どちらも厳しい一戦が予想されるため、結果とともに内容が求められた試合だったのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ