世界中のダービーを知るモウリーニョ「どれも違うが、同時に全てが同じでもある」

初の国外でのマンチェスター・ダービー

初の国外でのマンチェスター・ダービー

ダービーについて語るモウリーニョ監督 photo/Getty Images

7月20日に新シーズンに向けて行なわれるプレシーズンマッチで、国外で初となるマンチェスター・ダービーが勃発する。

互いに新監督を迎えたマンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティの今シーズンの対戦成績は、1勝1敗1引き分けのイーブンとなっている。そのためユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督も、練習試合とはいえ楽しみにしているという。また同監督はクラブ公式サイトにダービーの重要性についても説いている。

「彼ら(シティ)との対戦には独特の感情があり、常にフェアで、選手たちの間にも良い関係性を感じる。彼らはピッチの上では敵同士だが、同じ街に暮らす仲間だ。街中で顔をあわせることだってあるだろう。ファンからも情熱と同時にリスペクトを感じる。ほとんどのビッグダービーは経験してきた。インテル対ミラン、レアル・マドリード対アトレティコ(・マドリード)、バルセロナ、ポルト対ベンフィカ、そしてチェルシー時代にも数え切れないほどロンドンダービーを戦った。どれも違うが、同時に全てが同じでもある。カルチャーやクラブが違うからそれぞれ違いはあるが、感情的な部分ではいつもの勝ち点3以上の意味があり、いつもの1試合以上の意味を持つ、というところは共通している」

世界のダービーを知るモウリーニョ監督にとっては、その試合の意味や重要性を十分に理解しているのだろう。公式戦ではないものの、来シーズンの行方を占う一戦に注目が集まる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ