お帰りギュンドアン! シティにとって“最高の補強”に

昨年12月に右膝前十字靭帯を損傷

昨年12月に右膝前十字靭帯を損傷

練習に復帰したギュンドアン photo/Getty Images

マンチェスター・シティに所属するイルカイ・ギュンドアンが、練習に復帰した。

ギュンドアンは昨年の12月のワトフォード戦で、右膝前十字靭帯を損傷し長期離脱を余儀なくされていた。昨夏よりドルトムントから加入し、昨年11月のUEFAチャンピオンズリーグのバルセロナ戦では2得点を挙げるなど素晴らしい活躍を見せている。パスサッカーを展開するシティにとっては、ギュンドアンが抜けた穴を想像以上に大きかった。復帰を果たした同選手のコメントを英『Daily Mail』が伝えている。

「個人的にはとてもタフな時間だったよ。できる限り100%に近づけたい。週に6日ジムに通っていたんだ。しかしながら、たくさんのことがあって今となってはありがたいね。とても暖かく迎えられて、すぐにホームだと感じたよ」

順調に回復しているギュンドアンだが、決して焦ることなく復帰したい。来シーズン序盤から問題なく起用することができれば、シティにとってはこれ以上ない補強となるだろう。ギュンドアンのピッチに戻る姿が待ち遠しい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ