高くても買って! ジェラードが古巣に最高額DF獲得を推薦

吉田の相棒でもあるファン・ダイク

吉田の相棒でもあるファン・ダイク

ファン・ダイク獲得を進言するジェラード氏 photo/Getty Images

元リヴァプールのスティーブン・ジェラード氏が、古巣にサウサンプトンのフィルジル・ファン・ダイク獲得を推薦した。

サウサンプトンで吉田麻也の相棒として活躍するファン・ダイクは、今やプレミアリーグ屈指のDFとなっている。そのためメガクラブたちがこぞって獲得を検討しており、移籍金はDFとして最高額となる6000万ポンド(約84億円)にも跳ね上がっている。2014年にパリ・サンジェルマンがダビド・ルイス獲得でチェルシーに支払った金額が5000万ポンド(約70億円)のため、所属チームなども考えると急騰していることが伺える。しかしそれでもジェラード氏は、リヴァプールは同選手を獲得すべきだと英『Daily Mail』に語った。

「彼が赤いユニフォームを着ているのが見たいよ。僕は大ファンなんだ。セルティックにいた頃から素晴らしい選手だということを知っている。コストは掛かるが、彼がくればジグソーパズルのピースが揃うよ。大歓迎だ」

プレミアリーグで上位4チームの中で40失点以上しているのは、リヴァプールのみとなっている。攻撃力は申し分ないリヴァプールは、悲願のプレミアリーグ制覇のためには大型補強をし、失点を減らす必要があるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ