「エジル獲得はウィルシャーへの侮辱だ」 アーセナル英雄が“クラブ史上最高の契約”を非難!

天才は2人要らない?

天才は2人要らない?

破格の移籍金でアーセナル入りしたエジル photo/Getty Images

アーセナルのレジェンドとして知られるトニー・アダムス氏が、2013年のメスト・エジル獲得について独自の見解を示している。

アーセン・ヴェンゲル率いるアーセナルは4年前の夏、およそ4250万ポンド(約60億円)という巨費を投じてスペインのレアル・マドリードからドイツ代表MFを獲得。その後、エジルがエミレーツスタジアムに美しい魔法を提供したことは言うまでもないが、アダムス氏はこの“クラブ史上最高の取引”がジャック・ウィルシャーのキャリアに良からぬ影響をもたらしたと考えている。『London Evening Standard』が同氏のコメントを伝えた。

「ジャック・ウィルシャーという名手がいながらエジルと契約したのは、彼に対する侮辱だったよ。ウィルシャーはそのポジションで素晴らしい働きを見せていたんだ。もしも私がジャックの立場なら、アーセナルの幹部に会って問いただすだろう。『なぜ60億円も使ってこの選手を獲ったんだ。俺だって同じことができるぞ』ってね」

さらにアダムス氏は、エジルの勝利へのモチベーションにも不満を抱いているようだ。

「エジルの態度には多くのサポーターも疑問を持っている。勝利に対する欲求だよ。クラブがあれだけの投資をしたんだから、彼はもっと貢献すべきだね」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ