W杯で日本と対戦した元コートジボワール代表MF 練習中に急死 

あまりにも早すぎる死

あまりにも早すぎる死

ブラジルW杯にも出場したティオテ photo/Getty Images

中国サッカー・甲級リーグ(2部相当)に所属する北京控股は5日、元コートジボワール代表MFシェイク・ティオテ(享年30歳)の死亡を発表した。

同選手は5日の練習中に意識を失い、直ちに病院に搬送されたものの、約1時間後に死亡が確認された。

2005年にアンデルレヒトでプロキャリアをスタートさせた同選手は、その後ローダ、トゥエンテ、ニューカッスルでプレイ。今年2月より北京控股でプレイしていたほか、2014年に行われたブラジルW杯で日本代表の対戦相手としてピッチに立つなど、国際舞台においても活躍した。

屈強な対人守備を活かしてボールを奪う姿が印象的だった同選手。同選手のこれまでのプレイや功績が、世界中のサッカーファンの心に残り続けることを願うばかりだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ