コンテ、ダイブで退場のモーゼスを擁護「審判を欺くような選手ではない」

来季からダイブへの罰則が強化

来季からダイブへの罰則が強化

ダイブと判定されたモーゼス photo/Getty Images

チェルシーは27日にFA杯決勝でアーセナルに敗れ、2冠を達成することはできなかった。

この日試合を左右してしまったのが、ビクター・モーゼスの退場だ。モーゼスは後半23分にシミュレーションを取られ2枚目のイエローカードをもらってしまった。イングランド・サッカー協会は今月18日に、来季よりダイブ(ファウルを装って故意に転倒すること)を行った選手に対する罰則を強化することをと発表している。そのため、ダイブにはより厳しい判定がなされることとなった。しかし、アントニオ・コンテ監督はモーゼスを擁護した。同監督のコメントを『ESPN』が伝えている。

「あのシーンは見ていなかったんだ。だから分からないが、緊張や疲れがあったはずだ。だから私の選手がダイブしたとは思えないよ。それにダイブするような場面ではなかった。モーゼスは素直な選手だし、審判を欺くような選手ではない」

ダイブ対してより厳しくなったプレミアリーグから、ダイブや審判を欺くプレイがなくなることを祈るばかりだ。しかし審判の目だけでは限界があるため、選手自身の意識が必要かもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.229 激闘必至のCLラウンド16を完全予想
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ