ロナウドとのホットラインは健在 “魔術師”がクラブ年間最優秀選手に

リーグ最終節でもアシストを記録

リーグ最終節でもアシストを記録

重要な試合で結果を残したイスコ photo/Getty Images

レアル・マドリードは24日、MFイスコがシンコ・エストレージャス・マオウ賞(クラブ年間最優秀選手賞)に輝いたと発表した。

サポーターの投票により選出される同賞を受賞したイスコは、今季のリーガ・エスパニョーラ30試合に出場。先発出場こそ18試合に留まったものの、同リーグ第21節(延期分)のセルタ戦や最終節のマラガ戦でクリスティアーノ・ロナウドの得点をアシストするなど、重要な試合で結果を残している。

類稀なパスセンスを有することから“魔術師”という愛称で親しまれているイスコ。来月3日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ決勝での先発出場も予想されているが、同試合で得点に直結するプレイを披露できるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ