レスター、チェルシーの優勝は心の底から認められない? ヴェンゲル「欧州カップ戦に出てない」

スケジュールの違いを指摘

スケジュールの違いを指摘

アーセナル指揮官のヴェンゲル photo/Getty Images

昨季プレミアリーグを制したレスター・シティ、今季のチェルシーに共通しているのは欧州カップ戦に出場していないことだ。彼らには他の上位クラブに比べてスケジュール面で少しのアドバンテージがあり、それが優勝を助ける1つの要素になったのは間違いない。

英『sky SPORTS』によると、アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲルはチェルシーを心の底から祝福する気持ちにはなれないようで、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグに参加していた場合は違うストーリーになったはずだとコメントしている。

「チェルシーの優勝を祝福するよ。だが、ここ2シーズンの優勝チームは欧州カップ戦に出ていない。チャンピオンズリーグに出場するチームは土曜日、水曜日、土曜日と試合をしないといけないし、もっと違うことになるだろう」

ヴェンゲルはこれまでも何度かスケジュール面の違いを口にしており、リーグ戦に集中できる環境が大きなアドバンテージになっていると感じているようだ。来季のチェルシーはチャンピオンズリーグとリーグ戦をこなすことになり、真の力が試される時になるだろう。来季もリーグ制覇を達成した場合は、ヴェンゲルもその実力を認めざるを得ないはずだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ