交代サインも出ていたのに…… サンチェス、痛みを押し殺し怒濤のゴール

リーグ3連勝

リーグ3連勝

痛みを耐え執念のゴールを挙げたサンチェス photo/Getty Images

アーセナルは13日にイングランド・プレミアリーグ第37節で、ストーク・シティと対戦し1-4で勝利を収めた。

アーセナルは一時、1点差に詰め寄られるも、アレクシス・サンチェスのゴールで突き放し、相手の勢いを消し去った。そのサンチェスはゴール直前に、ベンチに向かって交代を要求するジェスチャーを見せていた。しかし、足の痛みなど感じさせないドリブルで相手を切り裂き、その流れからゴールを決めてみせる。ゴール直後に交代したものの、まさに圧巻のプレイであった。アーセン・ヴェンゲル監督は、サンチェスのスピリットを絶賛した。同監督は試合後の公式記者会見で語っている。

「トレーナーがアレクシス・サンチェスを交代させたいと言ってきたんだ。なにが起きたのか分からない。しかし彼はファイターであり、その前には素晴らしいゴールを決めた。彼は才能だけでなく、勝利への欲とファイティング・スピリットがあることをもう一度証明したね」

サンチェスはその能力や得点力とともに、メンタルの強さも見せた。サンチェスはチームに結果をもたらすが、こういった戦う姿勢などもチームに良い影響を与えているのだろう。サンチェスの去就はいまだはっきりしていないものの、どのチームも欲しがるのが頷ける。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ