香川、ムヒタリアンの次はこの男? マンUが引き抜きを目論む選手は……

ドルトムントの攻撃を牽引しているロイス photo/Getty Images

ドルトムントの攻撃を牽引しているロイス photo/Getty Images

ビッグディール成立か?

今季のプレミアリーグ35試合消化時点で5位につけているマンチェスター・ユナイテッド。来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場圏獲得にむけ、依然として厳しい戦いが続いている同クラブに、新たな選手獲得の噂が浮上した。

同クラブが現ドルトムント所属FWマルコ・ロイスの獲得を検討していると、英『THE Sun』やスペインメディア『Don Balon』が伝えている。前述のメディアによると、マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がウェイン・ルーニーに代わる攻撃の核となる選手の獲得を熱望しており、ロイスに白羽の矢を立てたという見方が報じられている。

マンチェスター・ユナイテッド(以下マンU)だけでなく、アトレティコ・マドリードも食指を動かしていることが前述のメディアで伝えられているロイス。マンUは2012年に香川真司(2014年にドルトムントに復帰)、昨年にはヘンリク・ムヒタリアンをドルトムントから引き抜いた過去があるが、ロイスまでも獲得にこぎ着けるのだろうか。複数のビッグクラブが熱視線を注ぐ同選手の動向に、今後も注視する必要がありそうだ。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.186 連覇か奪還か! UCL決勝で吠えるのはどっちだ

決勝戦は一瞬のスキが命取り 欧州最強の“盾” VS 2人の“天才司令塔”/経験豊富な猛者たちを率い、ジダンは“心のクラブ”を迎え撃つ/悲願の“欧州制覇”に燃える熱き漢たち それぞれの想いを胸に最終決戦へ/UCL準決勝から見えた両者のストロングポイントとは

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ