ファン・ダイクに70億円の価値はあるか? “金満”マンCがサウサンプトンDF獲得に迷い

高額移籍金がネックか

高額移籍金がネックか

鮮烈なパフォーマンスを披露するファン・ダイク photo/Getty Images

イングランドのサウサンプトンでプレイするオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが望む新天地は、ペップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティだという。

現在25歳の同選手は2015年にスコットランドの名門セルティックからプレミアリーグ上陸を果たすと、卓越した守備能力とボール奪取センスにより、リーグ屈指のCBへと成長。日本代表DF吉田麻也と共にサウサンプトンの躍進を最終ラインから支え続けるこのオランダ人には、同じくイングランドのリヴァプールやチェルシー、そしてマンチェスター・ユナイテッドといったクラブからの関心が寄せられるものの、選手本人はペップとの競演を望んでいるという。英紙『Manchester Evening News』が報じた。シティもファン・ダイクとの関連が伝えられるクラブであり、両者の思惑は結実すると見られるが、70億円を越えるオランダ代表CBの高額な違約金が移籍の足かせとなり得るようだ。近年、エリアキム・マンガラやニコラス・オタメンディ、ジョン・ストーンズなど、CB陣に多くの資金を費やしてきたシティだけに、最終ラインの強化は可能な限り安価で抑えたいというのが本音だろう。

果たして今季のプレミアリーグを席巻した25歳のCBは来季、どの色をユニフォームを纏っているだろうか。残留の可能性も含め、彼の続報に期待したい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ