王様イブラ、カムバック宣言「引退を決めるのはオレ自身」

これがラストチャンスか

これがラストチャンスか

カムバック宣言をしたイブラヒモビッチ photo/Getty Images

ズラタン・イブラヒモビッチは20日、UEFAヨーロッパリーグ・アンデルレヒト戦で負傷交代を余儀なくされた。

23日、マンチェスター・ユナイテッドは「膝の靭帯損傷」と公式発表していた。詳細な離脱期間は明確にされていないものの、今シーズンの復帰は現実的ではないと見られる。長期離脱が予想され35歳であるイブラヒモビッチには引退説も浮上していた。しかし本人は自身のInstagramで引退を否定している。

「まず初めにたくさんのサポートと愛情に感謝する。知っての通り、けがでしばらくの間サッカーから離れることになる。他のことと同じようにこのけがも乗り越え、さらに強くなって帰ってくるつもりだ。前に片脚でプレイしたこともあるし、何も問題はない。一つはっきりしているのは、引退を決めるのは俺自身で、それ以外はありえないということだ。諦めるという選択肢はないよ。またすぐに会おう」

王様らしいコメントを残したイブラヒモビッチだが、年を考えるとラストチャンスかもしれない。そのためにより一層強くなった姿で帰ってきて欲しいものだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ