ファン・ボメル氏、古巣PSVのユース監督就任が決定「私のサッカーを伝えていきたい」

2018年まではサウジ代表のアシスタントコーチと兼任

2018年まではサウジ代表のアシスタントコーチと兼任

監督キャリアをスタートさせるファン・ボメル氏 photo/Getty Images

PSVは24日、来季からU-19チームの監督にマルク・ファン・ボメル氏が就任することになったと発表した。

現在40歳のファン・ボメル氏は現役時代、バルセロナやバイエルン・ミュンヘン、ACミランなどで活躍。PSVでも計7シーズンプレイし、2013年夏に同クラブで引退を決断した。引退後はU-17オランダ代表のアシスタントコーチなどを経て、現在はサウジアラビア代表を率いるベルト・ファン・マルヴァイク監督のアシスタントコーチを務めている。そのため、2018年のロシアW杯まではPSVのU-19監督とサウジアラビア代表のアシスタントコーチを兼任していくようだ。

そんなファン・ボメル氏は「サッカーを理解するのは難しい。ただ、サッカーについてずっと考えてきたんだ。私はこれまで自分のチームを持ったことがないし、プロのレベルで監督になるのはまだ早い。それゆえに、最高のユースチームから(監督キャリアを)スタートさせる。私のサッカーに対する考えを伝えていきたいね」と意気込みを語っている。

ついに監督としてのキャリアをスタートさせることとなったファン・ボメル氏。代表やビッグクラブでキャプテンマークを巻き、リーダーシップを発揮してきた彼は、どんなチームを作り上げていくのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ