18歳でメッシらと肩を並べる“アンリ2世” ムバッペのフィニッシャーとしてのデータが凄過ぎる

枠内シュート率とシュート成功率は今季欧州トップ

枠内シュート率とシュート成功率は今季欧州トップ

ドルトムント戦で2ゴールのムバッペ photo/Getty Images

現在著しい成長を見せており、今夏の移籍市場で最も注目を集めているフランスの若手アタッカーの勢いが止まらない。18歳ながら、欧州屈指のアタッカーたちの中でもトップクラスのデータを残している。

12日に行われた日本代表MF香川真司が所属するドルトムントとのチャンピオンズリーグ(UCL)準々決勝1stレグで、モナコのスタメンに名を連ねたフランス代表FWキリアン・ムバッペ。疑惑の判定に助けられながらも、この重要な一戦で2ゴールを挙げる活躍を見せ、敵地での勝利に大きく貢献していた。

そんな中、米『ESPN』が「ムバッペの伝説が増え続けている。現時点で欧州トップクラスのフィニッシャー」と大きく取り上げている。同メディアによると、ドルトムント戦の2ゴールで、ムバッペはUCL決勝トーナメントにおける1試合複数得点の最年少記録を新たに樹立した。

そして同メディアは、ムバッペの今季の細かいデータも載せており、欧州5大リーグで最低40本以上シュートを打っている251人の選手のうち、枠内シュート率が62.2%でトップ。さらにシュート成功率でも35.6%でトップに輝いているとのこと。なお、枠内に飛んだシュートの57.1%、約2本に1本以上はゴールラインを割っているという。さらに1ゴールにかかる時間は、80.9分に1点を決めているリオネル・メッシに次ぐ2位で、ムバッペは85.9分に1点というハイペースでゴールを量産しているようだ。

かつてフランス代表で一時代を築いたティエリ・アンリの後継者として、国内外で大きな期待が寄せられているムバッペ。さらなる飛躍を遂げ、今後も世界中のサッカーファンを魅了することができるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ