[UCL]エース・ディバラ、華麗な反転シュート&強烈ミドル ユヴェントスがバルサに完封勝利

ホームで圧倒的な強さ誇るユヴェントス

ホームで圧倒的な強さ誇るユヴェントス

前半だけで2得点のパウロ・ディバラ photo/Getty Images

UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝の1stレグが11日に行われ、ユヴェントスとバルセロナが対戦した。試合はユヴェントスの本拠地ユヴェントススタジアムで開催され、バルセロナはセルヒオ・ブスケッツを出場停止で欠き、ユヴェントスは前線にイグアイン、ディバラ、クアドラード、マンジュキッチが並ぶ超攻撃的な布陣で臨んだ。

2シーズン前のファイナルと同カードとなった一戦。試合は開始早々に動く。7分、右サイドを突破したMFファン・クアドラードのパスを受けたFWパウロ・ディバラは、反転しながらシュートをゴール左に流し込み先制に成功する。さらに22分、今度はマリオ・マンジュキッチの折り返しのクロスからディバラがダイレクトで豪快なシュートを決めて追加点を重ねた。第21節のラツィオ戦以降、トップ下での起用が続き、なかなかゴールチャンスに恵まれなかったディバラが、バルセロナとの決戦で覚醒し2ゴールを奪う活躍ぶりを見せている。

追いかけるバルセロナは、後半立ち上がりからDFジェレミー・マテューに代えてFWアンドレ・ゴメスをピッチに送り込み流れを引き寄せようとする。だがユヴェントスは55分、CKからDFジョルジョ・キエッリーニが得点し試合を優位に進める3点目を手にした。試合はそのまま終了。ユヴェントスがバルセロナを抑え込み3-0で完封勝利を収めた。

ジャンルイジ・ブッフォンが好セーブの光ったユヴェントスは、ホームでの無敗を22試合に伸ばした。一方のバルセロナはラウンド16で1stレグを0-4で敗れながら奇跡の逆転突破を決めていたが、準々決勝の1stレグでも同様にアウェイゴールを奪えないまま点差の開いた失点を喫し、2ndレグでは再び難しいミッション挑むことになってしまった。

[メンバー]
ユヴェントス:ブッフォン、ダニエウ・アウベス、ボヌッチ、キエッリーニ、アレックス・サンドロ、ピャニッチ(→バルザーリ 90)、ケディラ、クアドラード(→レミナ 73)、ディバラ(→リンコン 81)、マンジュキッチ、イグアイン

バルセロナ:テア・シュテーゲン、セルジ・ロベルト、ピケ、ユムティティ、マテュー(→アンドレ・ゴメス 46)、マスチェラーノ、ラキティッチ、イニエスタ、メッシ、ルイス・スアレス、ネイマール

[スコア]
ユヴェントス 3-0 バルセロナ

[得点者]
ユヴェントス:ディバラ(7、22)、キエッリーニ(55)

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ