大活躍の酒井宏樹は生き残れるか!? サニャ、グラムなどマルセイユに迫る”モデルチェンジ”

獲得候補者が多数

獲得候補者が多数

マルセイユの酒井 photo/Getty Images

現在リーグ・アンで5位につけるマルセイユは、今夏に積極的な動きを見せるかもしれない。最近もアーセナルのDFローラン・コシェルニー、FWオリヴィエ・ジルーの獲得を狙っていると話題になったり、数日前にはポルトでプレイするGKイケル・カシージャスにオファーを出すとの報道もあった。さらに今冬にもパトリス・エヴラやディミトリ・パイェといった実力者を加えるなど、積極的な動きが目立つ。

仏『Le Figaro』は今季終了後にも同様の動きが起こる可能性があると伝えており、複数の選手を獲得候補に挙げている。中でも日本のサッカーファンにとって気になるのは右サイドバックの酒井宏樹だ。酒井は今季28試合に出場しており、チームで確かな地位を築いている。マルセイユはコシェルニーをはじめセンターバックの獲得の方に力を入れているようだが、同メディアは酒井とポジションを争う候補者として今夏にマンチェスター・シティと契約が切れるフランス代表DFバカリ・サニャの名前を挙げている。

サニャは34歳とベテランの域に入っており、今季も抜群のパフォーマンスを見せているわけではない。しかし経験面では酒井を上回るものがあり、加入すれば厄介な相手となるだろう。同メディアが他に挙げているのはナポリのファウジ・グラムやヴォルフスブルクのリカルド・ロドリゲス、PSVのイェトロ・ヴィレムスなど左サイドバックの選手の方が多いが、最終ラインから最前線まで顔ぶれがガラリと変わる可能性もある。

今季の酒井はまさにフル稼働という言葉がしっくりくるほどに奮闘しているが、来季もポジションを守っていけるのか。マルセイユの大型補強の中で生き残っていけるかに注目が集まる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ