シメオネ、テオのレアル移籍説は意に介さず? 「私ではなくSDや会長の管轄だね」

テオと話をしたと明かす

テオと話をしたと明かす

アトレティコを常勝軍団にしたシメオネ photo/Getty Images

スペインのアトレティコ・マドリードを率いるディエゴ・シメオネ監督は、ライバルが関心を抱いているとされるU-21フランス代表DFテオ・エルナンデスについて言及した。

現在アトレティコからのレンタル移籍によりアラベスで充実した日々を過ごす19歳の新鋭エルナンデス。リーガエスパニョーラでは24試合出場4アシストという戦績を残し、高い攻撃センスを存分に見せつけている同選手にはアトレティコのライバルであるレアル・マドリードが関心を示しており、両クラブ間の“紳士協定”の破棄が囁かれている。エルナンデスをフィリペ・ルイスの長期的な後釜とすべく、アラベスへ送り出したシメオネは現在の状況について次のように語った。スペイン『MARCA』が伝えている。

「私は1ヶ月か20日ほど前にテオと話したよ。彼が私に何と言ったかをはっきり覚えているし、彼も私の言葉を覚えているだろう。私は彼の働きぶりにとても満足しているし、自分の指導する選手にはいつもベストを尽くしてもらいたい」

また、シメオネは選手の去就に関する詳細な決定は自らの管轄ではないと感じている。

「(テオに関する)一連の問題は私ではなく、アンドレア・ベルタSDやエンリケ・セレソ会長の管轄だね。シーズンが終われば、彼らは私に誰を戦力とするかなどを伝えてくる。様々な憶測に私が頭を悩ませることなんてない」

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ