“覆面セレブレーション”でお騒がせのオバメヤン どうにか罰金で手打ち

約600万円の罰金

約600万円の罰金

覆面セレブレーション中のオバメヤン photo/Getty Images

現地時間1日にブンデスリーガ第26節が行われ、ドルトムントがシャルケに1-1で引き分けた。

この試合で同クラブFWピエール=エメリク・オバメヤンが先制点を挙げた直後に、覆面を用いたゴールセレブレーションを披露。その際に同選手は自身の個人スポンサーであるナイキ(Nike)のマスクを被ったが、この行為が同社のプロモーション活動に該当するとし、プーマ(Puma)をスポンサーに持つ同クラブからお咎めを受けることになった。同選手がクラブ側に5万ユーロ(約600万円)の罰金を支払うことで事態が収束したと、米『ESPN』が伝えている。

奇抜なゴールセレブレーションを披露するたびにイエローカードを貰うことについて、ユルゲン・クロップ前監督(現リヴァプール)より苦言を呈されたこともあるオバメヤン。これまで何度も自身の得点でチームを救ってきたことは確かだが、軽率な行動で指揮官やチームメイトに迷惑をかけるのは避けるべきだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ