インテル、愛してる 上海申花のグアリン「あそこへ復帰できたら幸せなことだろう」

中国参戦に後悔無しと語る

中国参戦に後悔無しと語る

インテルでは素晴らしいプレイでチームに貢献していた photo/Getty Images

中国スーパーリーグの上海申花でプレイするコロンビア代表MFフレディ・グアリンが、古巣インテルへ“愛のメッセージ”を送っている。

現在30歳のグアリンは2016年の冬に4年間を過ごしたインテルを離れ、極東への参戦を決断。“爆買い”の誘いに乗った同選手はその突出した起動力と豪快なプレイでクオリティーを発揮し続けているものの、現在でもインテルには特別な感情を抱いていることを明かした。伊『Internews』がグアリンのコメントを伝えている。

「もう何度も言ってきたことだけど、僕にとってインテルは愛するチームだ。あのクラブは僕のことをまるで子供のように接してくれていたし、あそこへもう一度復帰することができたらとても幸せなことだろうね」

もちろんグアリンは中国参戦の選択を悔いているわけではない。

「中国では素晴らしい経験を積むことができている。ここの選手は日々レベルを向上させているし、来季はさらなる改善を見せるはずだ。ここに来たことを後悔するつもりなんて全くないし、すごく楽しい毎日を過ごしているよ。皆僕に中国での生活に関して質問してくるんだ。僕とクラブの契約は来年に切れる。僕はその後に何らかの選択をすることになるだろうね」

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ