存在意義を証明! MLSデビュー戦で早速ゴールを決めたシュバイニー「素晴らしい瞬間だったが……」

勝利できなかったことを悔やんだシュバインシュタイガー

MLS(メジャーリーグサッカー)のシカゴ・ファイアーへ移籍した元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーが、デビュー戦で早速ゴールを決め、自らの存在意義を証明して見せた。

1日に行われたMLS第4節モントリオール・インパクト戦でスタメンに名を連ねたシュバインシュタイガー。17分に右サイドからクロスに頭で合わせ、先制となるデビュー戦ゴールを決めた。その後、シカゴはモントリオールに2点を奪われたが、後半アディショナルタイムに劇的同点ゴールを決め、なんとか2−2のドローに持ち込んでいる。

試合後、インタビューに応じたシュバインシュタイガーは「最初の試合でゴールを決められたのは、素晴らしい瞬間だった。本当は勝利の方を願っていたんだけれどね。ただ、今日の試合は引き分けに値していたと思う。多くのチャンスがありながらも、決めきることができなかったからね」とコメント。米『ESPN』などが伝えている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.257 EURO2020大展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ