モウリーニョ、“ブラジル代表監督”はハードすぎる? 「魅力的ではあるが……」

引き受けることはない?

引き受けることはない?

多くの国で実績を上げてきたモウリーニョ photo/Getty Images

イングランドのマンチェスター・ユナイテッドを率いるカリスマ指揮官ジョゼ・モウリーニョが、“カナリア軍団”を統率することの難しさについて言及している。

2004年にポルトでチャンピオンズリーグ優勝を成し遂げ、続くチェルシー、インテル、そしてレアル・マドリードでもあらゆるタイトルを総なめにしてきたモウリーニョ。今季からはルイ・ファン・ハールの後を継ぎ、赤い悪魔の復権を託されているスペシャルワンが、“ブラジル代表監督”について次のように話した。『ESPN Brazil』が伝えている。

「マンチェスター・ユナイテッドでの任期を終えた後はよりリラックスできる仕事を引き受けたいね。ブラジル代表チームを率いるのはもっと困難な仕事だよ。きっと最高に魅力的な任務ではあるだろう。皆がそこでの仕事を望むだろうし、チームのどの世代も優秀な選手だらけだ。才能も申し分ないね」

だが、引き受けるかどうかは異なる問題なのかもしれない。

「その仕事をすることはとてもハードなことだと言わざるを得ないね。常により良い監督がいるはずだと批判され続けるからだ。それにブラジル代表を率いるのはブラジル人であるべきだとも理解しているよ」

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ