多くのビッグクラブが注目していた“120億円ストライカー”が残留宣言!

「トリノに留まりたい。いや、チームに残る」

「トリノに留まりたい。いや、チームに残る」

残留宣言したベロッティ photo/Getty Images

今夏の移籍市場で最も注目されている若手アタッカーの一人、トリノに所属するイタリア代表FWアンドレア・ベロッティは、来季もチームに残ることとなりそうだ。

セリエA第29節を終えた時点で22ゴールを挙げ、得点ランキングのトップとなっている現在23歳ベロッティ。移籍に際して発生する違約金が1億ユーロ(約120億円)に設定されているにもかかわらず、国外の多くのビッグクラブが関心を寄せていた。

ただ、ベロッティは国際試合オランダ戦へ向けて出発する際の空港で伊『TUTTOSPORT』のインタビューに応じ、「トリノに留まりたい。いや、実際に僕はチームに残るよ」と残留宣言を行ったとのこと。伊『SPORT MEDIASET』など複数メディアが報じており、同メディアは「すでに頭角を現している1993年生まれのタレントだが、移籍金の数字が大きすぎる。ただ、欧州のビッグクラブにとって決して不可能な数字ではなかった。でも、ベロッティにとってイタリア代表とトリノが全てなんだ」と大きく取り上げている。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ