吉田にとって“3月23日”は特別な日であり自身の原点「16年前のこの日……」

16年の時が経ち、代表の腕章を巻いてプレイ

16年の時が経ち、代表の腕章を巻いてプレイ

UAE戦でキャプテンマークを巻いてプレイした吉田 photo/Getty Images

サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也にとって『3月23日』は特別な日のようだ。

現地時間23日に行われたロシアW杯アジア最終予選のUAE戦で、負傷離脱した主将の長谷部誠の代わりにキャプテンマークを巻き、2−0の完封勝利に貢献した吉田。26日に自身の公式ブログを更新し、「3月23日は僕にとって特別な日なんです」と綴った上で「16年前のこの日、僕はサッカー選手を目指し長崎を離れました」と明かしている。

さらに「みんなとの別れや環境の変化に戸惑い、数年経つまで親にも言えなかったホームシック。今でも鮮明に覚えています。でもあのときの経験、感覚が吉田麻也のアイデンティティの礎になっている」と若き日を振り返った。

そして「時を経て、たくさんの方々に支えられ16年後、その子が国を代表しその国の主将としてプレイする。こんな夢物語がフットボールには存在する。自分のことながら感慨深くなってしまい、普段は絶対にありえないし、初めて家族にグループチャットでお礼を言いました。素直に伝えられるようになったのも、自分が父親になったからだと思います。娘と奥さんにももちろん感謝しないといけませんね」と述べている。

最後に「当時の僕と同じ夢を持った子供たちの憧れになれるよう、そして腕章を巻いてプレイすることの責任と誇りをもって挑んだ試合に勝利することができてよかった。タイ戦も勝利で終われるようにいい準備します」と意気込みも語っている。

日本代表は28日に埼玉スタジアム2002でアジア最終予選のタイ戦を控えている。ケガ人が続出しているが、無事に勝ち点3ポイントを獲得することができるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ