ディ・マリア、シュバインシュタイガー、ファルカオ…… 豪華すぎる”ファン・ハール政権の補強ミス”

残っている者は少なく

残っている者は少なく

ファン・ハールとシュバインシュタイガー photo/Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドに所属する元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーがMLSのシカゴ・ファイアーに移籍することが発表された。シュバインシュタイガーは2015年夏にバイエルン時代の恩師であるルイ・ファン・ハールと仕事する道を選んだが、そのファン・ハールは昨季限りで退任。現在のジョゼ・モウリーニョからは満足な出場機会を与えられなかった。

今回のシュバインシュタイガー移籍で見えてくるのは、ファン・ハール政権時の補強ミスだ。英『Daily Mail』も補強ミスに注目しており、「現時点でどれだけの選手がマンUで生き残っているのか」と特集。獲得した選手が成功だったのか失敗だったのかを分析している。

まずヒットした選手から見ると、現在も重要な戦力になっているアンデル・エレーラ、マルコス・ロホ、アントニー・マルシャル、そして第2GKを務めるセルヒオ・ロメロもフリーで獲得したことを考えるとヒットと言えるかもしれない。しかし、これだけの選手しかヒットしなかったのは少々寂しい。

同メディアの失敗リストにはメンフィス・デパイ、アンヘル・ディ・マリア、ラダメル・ファルカオ、ビクトール・バルデス、マッテオ・ダルミアン、モルガン・シュナイデルラン、ルーク・ショウ、そして今回のシュバインシュタイガーと多額の資金を投じて獲得した選手が多く入っている。このうちチームに残っているのはダルミアンとショウのみで、他の選手は早々にクラブを去っている。

しかもディ・マリア、ファルカオの2人は移籍先でそれぞれ結果を出しており、それを活かし切れなかったのは悔やまれる。シュバインシュタイガーも移籍し、ファン・ハール政権時に獲得された選手のほとんどがクラブを去ることになる。マンUはモウリーニョの下でリーグカップを制すなど結果を出し始めているが、補強戦略のミスが足を引っ張っているのは間違いないだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ