奇跡の演出者、L・エンリケ監督「バルサは大きなリスクを冒し、凄まじいリターンを手にした」

異常なパフォーマンスで逆転

異常なパフォーマンスで逆転

ベスト8へ導いたエンリケ photo/Getty Images

バルセロナを率いるルイス・エンリケ監督が、8日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのパリ・サンジェルマン戦を振り返っている。

パルク・デ・プランスの悲劇は、カンプノウの奇跡によって上書きされた。開始3分のルイス・スアレスによる得点を皮切りに怒涛の攻撃を展開した“アスルグラナ”が、終了間際に手にしたのは努力の結晶である6得点目だ。PSGに5点を奪われながら、6ゴールを入れ返してみせたバルサのボスは試合後、次のように語った。スペイン『MARCA』など複数メディアが伝えている。

「バルセロナは大きなリスクを冒し、凄まじいリターンを手にした。サッカー界ではこのような結末を時に目にするが、今日は我々がそれを実現したね」

「これこそがフットボールだ。このチームに信じることを辞めた者などいなかった」

先日、今季限りでのバルサ退任を発表していたルイス・エンリケ。就任初年度にクラブへ3冠をもたらしたこの名将は、最後まで戦うことを止めるつもりはなさそうだ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ