吉田がいれば大丈夫! ファン・ダイク離脱中も地元紙は「立派にカバーしてきた」と日本人DF称賛

評価は急上昇

評価は急上昇

サウサンプトンに所属する吉田 photo/Getty Images

サウサンプトンDFフィルジル・ファン・ダイクは、今季のパフォーマンスでプレミアリーグ最高のDFの1人とまで称賛されるようになった。そのファン・ダイクが2月の初めに負傷してしまい、3ヶ月近く離脱することになっている。当然サウサンプトンにとっては痛手で、ファン・ダイクの早い復帰を願っているサポーターは多いだろう。

しかし、サウサンプトンに焦りの色はない。地元紙『Daily Echo』によると、サウサンプトンはファン・ダイクを100%の状態まで回復させることを優先しており、復帰を急いではいない。加えてファン・ダイクの穴を埋めようと若いジャック・スティーブンスと日本代表DF吉田麻也が奮闘している。そこに新加入のマルティン・カセレスも加わり、サウサンプトンは何とか穴を埋めてきた。

同メディアも「スティーブンスと吉田はファン・ダイクの離脱、ジョゼ・フォンテの退団を立派にカバーしてきた」と2人の働きを称賛している。ファン・ダイク不在を感じなかった試合が1つもなかったかと問われると微妙なところだが、それでもスティーブンスと吉田は急増コンビの割に上手くやっている。

もしファン・ダイクがいればリーグカップ決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦に勝てたかもしれないが、ひとまずは吉田とスティーブンスのコンビを称えるべきなのだろう。ファン・ダイクの復帰を急がせる必要がないのも、彼らの奮闘があるからこそだ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ