清武、酒井宏樹の恩師がレヴァークーゼンの新監督に 今季終了までの短期契約

戦術家としてステップアップできるのか?

戦術家としてステップアップできるのか?

新監督に就任したコルクト氏 photo/Getty Images

2014年より指揮を執っていたロジャー・シュミット監督を成績不振により解任したレヴァークーゼン。同クラブは6日、タイフン・コルクト氏の新監督就任を発表した。


同氏は2013年12月に、酒井宏樹(現マルセイユ)が所属していたハノーファーの監督に就任。のちに清武弘嗣(現セレッソ大阪)も入団するなど、2人の日本人選手の指導にあたった。レヴァークーゼンとの契約は今季終了までとなっており、「(来季の)欧州のコンペティションの出場権を獲得できるよう、全力を尽くしたい」と語ったことが、ブンデスリーガ公式ホームページや独『Bild』によって報じられている。


パスサッカーを標榜する戦術家として知られる同氏。しかし、2015年4月に成績不振によりハノーファーの監督を解任されたほか、今季より指揮を執っていたカイザースラウテルン(ドイツ2部)でも昨年末に退任に追いやられるなど、近年では目立った成果をあげるには至っていない。レヴァークーゼンでは上位進出が至上命題となるが、結果を出すことができるだろうか。再建を託されたトルコ人指揮官の手腕に注目だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.234 大会出場選手確定! コパ・アメリカ完全ガイド
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ