レアル主将ラモス、“ロナウド特権”の存在を否定「全員走る必要があるし、特別な選手などいない」

一枚岩になっていると主張

一枚岩になっていると主張

後方からチームを鼓舞するキャプテン photo/Getty Images

レアル・マドリードでキャプテンを務めるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、4日のエイバル戦を振り返ると共に、クリスティアーノ・ロナウドにのみ設けられたとされる“特別待遇”の存在を否定した。

頼れるキャプテンはいつものように冷静だ。敵地イプルーアでの一戦をポルトガル代表DFペペと共に先発出場したラモスにとって、4-1という爽快な快勝の裏にはチームメイト同士による話し合いの奏功があったと感じているようだ。スペイン紙『MARCA』が闘将の言葉を伝えている。

「ここ何試合か僕らは不調なプレイを続けていたから、仲間同士で話し合ってミーティングをしたんだ。今のチームはひとつに纏まっているし、僕にはそのことが幸せだよ」

続けてラモスは、ロナウドだけに“走らなくても良い特権”があるとの報道を次のように一蹴した。

「このチームでは選手全員が試合開始から終了まで走り続けなければならない。これに例外なんて無いし、特別な選手は存在しないよ。全員がフェアにやってる。ひとつのグループとして戦う必要があるからね」

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ