S・ラモス、ピケの“レアル贔屓批判”を気にせず「メッシの発言なら驚くが、ピケなら……」

「レフェリーは難しい仕事をこなした」

「レフェリーは難しい仕事をこなした」

レアルを牽引するリーダー、ラモス photo/Getty Images

彼らが繰り広げる口撃の応酬は永遠に終わることがなさそうだ。レアル・マドリードでキャプテンを務めるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、ジェラール・ピケによる“抗議”に言及している。

レアルは26日にアウェイで開催されたビジャレアル戦において、“グレイなハンド判定”から逆転の狼煙を上げると、最後にはアルバロ・モラタのゴールで3-2と制した。首位レアルを勝ち点差1で追うバルサのピケはこのレフェリングに納得がいかず、自身のtwitterアカウント上でレアルがこれまで誤審により勝ち点8をプレゼントされたと糾弾。これに対し、ラモスも反応している。スペイン紙『MARCA』が伝えた。

「もしその発言がメッシによるものだったらとても驚くけど、ピケなら驚かないね。皆も彼の程度を知っているだろ。僕らは冷静になり、あの判定に言及することなんてない。チームは首位を守ってるしね。レフェリーはとても難しい仕事をこなしているんだ」

いつになく“大人な”セルヒオ・ラモスは、ビジャレアル戦での勝利に満足している様子だ。

「ビジャレアルは素晴らしいサッカーができるチームさ。ハードな試合になることは分かっていた。後半には前半と異なるスタイルで戦って、クロスを多く上げたね。最後には素晴らしい結果に終わった」

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ