レアル、ジダンもペレス会長も第1希望はアザールで一致? 金銭+モラタの“残酷”オファー提示へ

GettyImages-634914380-min

テクニックとセンスに優れたアザール photo/Getty Images

やはり大胆補強を画策か

彼らは巨費を投じることに一切の迷いもない。スペイン屈指の名門レアル・マドリードが、チェルシーでプレイする超攻撃的MFの獲得に向けて“無慈悲なオファー”を提示することになりそうだ。

過去3度の移籍マーケットにおいて、さしたる出費を施さなかったレアルだが、今夏は事情が異なる。イスコやハメス・ロドリゲスなど多くの放出候補を抱える中、フロレンティーノ・ペレス会長とジネディーヌ・ジダン監督の“第1希望”は、エデン・アザールで合致しているという。英『TRIBAL FOOTBALL』が報じた。曰く、ペレス会長はジダン・マドリードの陣容をブラッシュアップすべく、チェルシーで印象的な活躍を披露しているベルギー代表MFに狙いを定めており、「巨額の資金+アルバロ・モラタ」というメガオファーを提示するつもりのようだ。

アントニオ・コンテ監督は、かねてより退団の噂されるジエゴ・コスタの理想的な後釜としてモラタの獲得を熱望しており、レアルはそれを逆手に利用する考えだ。24歳のスペイン人FWは昨夏に晴れて愛するクラブへの復帰を果たしたばかりだが、この残酷なメガオファーが実行されれば、再び国境を越える必要があるだろう。

多くの噂が錯綜するレアルの補強事情だが、最後に白のユニフォームを纏う権利を得るのは一体どの名手となるだろうか。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.186 連覇か奪還か! UCL決勝で吠えるのはどっちだ

決勝戦は一瞬のスキが命取り 欧州最強の“盾” VS 2人の“天才司令塔”/経験豊富な猛者たちを率い、ジダンは“心のクラブ”を迎え撃つ/悲願の“欧州制覇”に燃える熱き漢たち それぞれの想いを胸に最終決戦へ/UCL準決勝から見えた両者のストロングポイントとは

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ