デウロフェウはミランの救世主!? 移籍後初ゴールでフィオレンティーナを撃破「僕らの犠牲心が優った」

重要なのは勝ち点3ポイントを獲得すること

重要なのは勝ち点3ポイントを獲得すること

移籍後初ゴールを挙げたデウロフェウ photo/Getty Images

日本代表FW本田圭佑が所属するACミランは19日、セリエA第25節でフィオレンティーナをホームへ迎え入れた。試合は、16分にユライ・クツカのゴールで先制したミラン。直後の20分に同点ゴールを決められるも、31分にジェラール・デウロフェウが勝ち越しゴールを決め、2-1でフィオレンティーナを撃破している。

試合後、ミラン移籍後初ゴールでチームを勝利へと導いたデウロフェウが伊『MEDIASET PREMIUM』のインタビューに応じ、フィオレンティーナ戦を次のように振り返った。

「苦しい試合だったけど、僕は幸せだよ。僕たちは前半に素晴らしい仕事を行い、後半は良く守っていたと思う。重要なのは勝ち点3ポイントを獲得することだからね。毎日の努力が結果に結びつく。だから、日々のトレーニングを真剣に行う必要があるんだ。フィオレンティーナが強いことは理解していたけど、僕らの大きな犠牲心が優ったね」

ミランが再び順位を押し上げるためには、間違いなくデウロフェウの力が必要だ。今後もチームの救世主となることができるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ