浮き彫りとなったレヴァンドフスキへの依存 ヘルタ戦先発出場のミュラーが拙攻を反省「本来は勝つべき試合」

新たな攻撃パターンを構築できるのか?

新たな攻撃パターンを構築できるのか?

起用法が定まらないミュラー(左) photo/Getty Images

現地時間18日にブンデスリーガ第21節が行われ、同リーグ首位のバイエルン・ミュンヘンがヘルタ・ベルリンに1‐1で引き分けた。

同クラブFWトーマス・ミュラーはクラブ公式ホームページのコメントで、勝ち点1を奪ったことについて一定の満足感を示しながらも、勝利を逃した点について反省の言葉を口にしている。

「僕らは最後まで走り続け、引き分けに持ち込むことに成功した。僕たちには強いメンタリティが備わっているんだ。同点に追いついたことについては良かったけれど、本来は勝つつもりでいたから、その点は改善しないとね」

先制点を奪い、自陣で守りを固めるヘルタ・ベルリンに対して有効な攻撃を実践できなかったバイエルン・ミュンヘン。狭いスペースにおけるボール捌きに定評があるロベルト・レヴァンドフスキが先発を外れたことも災いし、前線でボールを収めることがままならなかった。同選手不在時の攻撃のバリエーションの乏しさを露呈した同クラブだが、カルロ・アンチェロッティ監督はどのように攻撃パターンを増やしていくのだろうか。元来はスペースへの抜け出しやフィニッシュワークに定評があるミュラーの起用法も含め、同監督の采配に注目だ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ