「74%もポゼッションされた中で司令塔にできることあるか?」 エジルへの批判に代理人は納得せず

バイエルン戦では何もできなかったが……

バイエルン戦では何もできなかったが……

批判を受けるエジル photo/Getty Images

15日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグでバイエルン相手に1-5で敗れたアーセナルは、MFメスト・エジルに批判が集まっている。この試合だけでなく、エジルは国内リーグでも最近はパフォーマンスがよくなかった。バイエルン戦前にはスタメンから外れるのではと言われていたほどだ。それもあってか、バイエルン戦で何もできなかったエジルへの風当たりは強い。

しかし、エジルの代理人を務めるエルクト・ソグト氏は批判に納得していない。英『Daily Mail』によると、同氏はバイエルンに5点も奪われたことはエジルのパフォーマンスとは関係ないと語り、圧倒的に試合を支配された中でエジルにできることは何もなかったとの見解を示している。

「選手が悪いプレイをすれば批判されるものだ。しかしメストは批判する者たちが自身のプレイに集中していないと感じている。彼らはチームの結果が出なかった時のスケープゴートにメストを利用しているんだ。バイエルンは74%もポゼッションしていたんだ。ボールも持たずに司令塔の10番がどうやってチャンスを作るんだ?5失点した理由はメストにあるのか?こうした試合では多額の移籍金で動いた者、多額のお金を得ている者がターゲットになる。つまりはメストだ。だが彼は毎回スケープゴートになることはできないし、それはフェアじゃない」

エジルは守勢の展開で輝きを放つタイプの選手ではなく、バイエルン戦ではできることが少なかった。最前線にいたアレクシス・サンチェスは何度もプレスをかけろと手で指示していたが、前線からプレスに走り続けるのもエジル本来の仕事ではない。こうした展開でエジルをただトップ下で起用するだけでは能力を発揮できない。昨季グループステージで同じく1-5で大敗していることを考えるとスタメンから外すのも手だったはずで、エジルに全ての責任があるとは言えないだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ