現役時代はマケレレ、指導者時代はカゼミーロ 天才ジダンのキャリアを守る2人の”ボディーガード”

地味な仕事で天才を支援

地味な仕事で天才を支援

レアルのカゼミーロ photo/Getty Images

現在レアル・マドリードを指揮するジネディーヌ・ジダンは、現役時代誰もが知る天才プレイヤーだった。ロナウドやラウール・ゴンザレスと豪華な攻撃陣を形成し、その攻撃は実に派手だった。しかし、ジダンは地味な部分もサッカーには必要だということを分かっている。

それを象徴する存在が現在レアルのアンカーを務めるカゼミーロだ。派手な選手ではないが、中盤で懸命に走ってボールを奪ってくれる重要な存在だ。スペイン『MARCA』は現役時代はフランス代表とレアルでクロード・マケレレが、そして指揮官になった現在はカゼミーロがジダンのチームのボディーガードになっていると伝え、カゼミーロの働きを称賛している。

しかもカゼミーロは先日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのナポリ戦では強烈なボレーシュートを決めており、攻撃面でも仕事をこなしている。ルカ・モドリッチやクリスティアーノ・ロナウドなどレアルには他にも絶対外せない選手がいるが、カゼミーロは特殊だ。誰も代わりを務めることができず、欠けた場合は穴を埋めるのが非常に難しい。レアルが今季もチャンピオンズリーグを制するには、カゼミーロのフル稼働が最低条件となるはずだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ