バルサ粉砕を喜ぶPSGのエメリ監督「最前線の3人は素晴らしいが、周囲のサポートも良い」

チームの闘争心を評価

チームの闘争心を評価

素晴らしい結果を残したパリのボス photo/Getty Images

フランスのパリ・サンジェルマンを率いるスペイン人監督ウナイ・エメリが、15日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのバルセロナ戦を振り返っている。

すべてのパリジャンに捧げるべき一戦だ。本拠地パルク・デ・プランスに強豪を迎えたPSGは、ハードな猛プレスが奏功し、リオネル・メッシやルイス・スアレス、そしてネイマールによって構成される最強トリデンテ“MSN”を封殺。それだけでなく、アンヘル・ディ・マリアやユリアン・ドラクスラーといったタレント陣が躍動し、4-0という夢のようなスコアでゲームを終えたのだ。試合後、昨季までセビージャを指揮していたエメリ監督は次のように圧勝劇を振り返っている。

「選手たちは常に集中力をキープしていたし、とても効率的な働きを披露してくれた。戦う姿勢を示し、サポーターを熱狂させることができたことを誇りに感じているよ」

エメリ監督はスコアラーに称賛を贈る一方で、それを支えた黒子の貢献にも言及した。

「カバーニやドラクスラー、そしてディ・マリアの3人は試合終了まで得点への熱意をアピールしたね。素晴らしいパッションがあった。彼らのコンビネーションは大変素晴らしいが、それを実現するために周囲の助けがあったことも言わなくてはならないね。これからもそれを続ける必要があるよ」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ