凄いのは才能だけ? ”評価だけ高い”ドルトの10番にドイツの小皇帝も「なぜかクオリティ発揮しない」

トゥヘルの構想から外れたか

トゥヘルの構想から外れたか

出場機会ないゲッツェ photo/Getty Images

負傷だけが全ての原因なのだろうか。ドルトムントMFマリオ・ゲッツェは試合に出場しない日々が続いており、14日のチャンピオンズリーグ・ベンフィカ戦にも帯同しなかった。指揮官トーマス・トゥヘルのプランから外れたとの意見もあり、2014ワールドカップでドイツ代表を優勝に導いた男の現状は良いものではない。

ゲッツェは常に才能は間違いないと言われるが、近年それを発揮する時は限られている。独『Bild』によると、元ドイツ代表MFミヒャエル・バラック氏もゲッツェのポテンシャルは認めている。しかし、なぜかそれをピッチ上で出せないと嘆いている。

「ゲッツェは正しい方向に成長していないように見える。彼には素晴らしいクオリティがあるが、どういうわけかそれを発揮しない。彼のカリスマ性もよくない。選手、監督、サポーター、メディアも、彼が現在のシチュエーションで戦っているように感じていない。彼は内向的な選手なんだよ」

かつてレアル・マドリードやインテルで活躍したルイス・フィーゴ氏も、ゲッツェを「ドイツ最高の選手だ。彼には信じられない才能があり、ボールを持って全てのことができる」と絶賛している。しかし、ドイツ最高のタレントと思わせるようなプレイを見せることはできていない。

今季のドルトムントはやや混乱状態にあるが、トゥヘルとゲッツェが合っていないだけなのか。それともゲッツェはドルトムントでスタメンにも入れないレベルの選手なのか。最近は才能は凄いとの評価だけが目立つようになってしまっている。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ